オリジナル商品、アウトドア分野OEM製造。

知人の縫製工場は、超大手からサンプル依頼がある。メインの生産は中国だが、中国でもサンプル開発は難しいらしい。
日本向けの商品は、上手く出来無い。 また、試作だけしてくれる会社は意外と少ない。

完璧な試作品よりも、60点でもカタチを見たいが顧客のニーズ

完璧な試作品(プロトタイプ)作りは、知識、経験、時間を必要とする。生産ラインに試作品作りを依頼すると完璧な物を作ろうとする。
生産時に困らない様にするため、段取りを考えながら作る為だ。

現場の職人を拘束するので、試作製作のコストも高額となる。しかし、顧客は完璧な物よりも、全体のカタチを見たいという場合が多々ある。

60点レベルのプロトタイプを素早い時間で創る。ファストプロトタイプ

在庫生地、在庫パーツを使い1〜2日で仕上げる。サイズ感だけにはこだわる。バッグはサイズ感が非常に重要だ。実際、手にして初めて気付きがある。
本日、午前中に1個仕上た。イラストレーターで型紙を作り、全体のバランスを考え、即カタチ化。

ファストサンプル