AI時代。サンプルは自動に作れない。アナログ作業が重要。

人工知能は素晴らしい。AIはデザインをしてくれるが、試作品は作れない。アナログの感性が必要であり、人間の所作が残る分野だ。今後、アナログ試作品が重要な時代だ。

日本から縫製工場が消える?優秀な中国工場は爆混み

中国は大きなロツトであれば価格交渉は可能だが、少ロットでは難しい。引き受けてくれるだけで有難い。
そんな時代が来たのだ。中国はもはや低コストで生産出来る国では無い。

まず、加工ラインを確保するという発想で、オーダーしなければいけない。時代は変わった。
人件費は日本の方が安くなるかも知れない。安いコストの加工ラインは年金ワーカーであり、未来は無い。

開発のニーズはあるが、対応できる会社は限られている。

今後は、流通経路が短いビジネスモデルしか生き残れ無いだろう。
途中、何社も入る日本的なビジネスモデルは崩壊する日は近い。